観葉

一昨日お店で店番したら夕方ごろに怪しい人に後ろから付きまとわれている、とお店に逃げ込んできた、ベビーカーを押す女性が入ってきました。

お店の回りは暗くてよく見えず怪しい人は見当たらなかったのだけど、少し落ち着くまで店にいてもらい、お家も近いと言うことでお家までお送りしました。

帰りみちの途中、ベビーカーの子があまりにも幸せそうに寝ていいて可愛らしいので


お子さん、かわいいですね!!
と言うと

女性は
はい!多分うちの子が一番かわいいじゃないかと思っちゃってます!!
と笑いながら答えてくれました。


そして最後には笑顔で、今度はケーキを絶対買いに行きますからね!って笑ってお家に帰られました。

よかったよかった。



うちの子が一番かわいい


そんなきもち少しだけこのこをみて感じてしまいました。

観葉植物のパキラっていう
観葉植物の中でも有名な植物を育てています。

b0258274_0575313.jpg



長野に住んでいた頃に、寂しさ紛れに買った小さいパキラはこの一年半ずいぶんと大きくなりました。

この葉のつき具合、なんともかわいらしくなったなぁと思ってしまいました。多分どのパキラと比べても一番だってね。笑




我が子ともなるとその気持ちはもっともっと大きんだろうなぁ!!
[PR]
# by junpace | 2012-10-05 00:35 | 日常

ふと

せみの声が止み、鈴虫の鳴き声が辺りをつつむとともに
秋の色が深まってきたね。

雨もしとしと、冷たくなった気がします。
日差しが少し爽やかにもなった!

うちの近所はこんな様子で
b0258274_21372283.jpg

稲の収穫が行われていたり

またあるところでは
b0258274_2138464.jpg

こんな稲の切り替えを見ることも出来ます。

秋って言うのも、美しいものだね。


そう、はなしはガラッと変わるのだけど、
昨日神宮球場に野球を見に行きました。
b0258274_21395317.jpg


僕は中学時代野球部だったこともあり、
野球というスポーツはとても好きです。

カードは
ヤクルト対阪神!
結果はホームチームのヤクルトの快勝!
だったのですが

僕はふと、思い出しました。


僕が小学校6年生のころ、野球に少しだけ興味が出始めたころ、
そのころ恒例だった、一年に一度はお父さんと二人きりで楽しいことをしようというイベントで
父がプロ野球に連れて行ってくれると約束してくれました。

このころは野球中継で見たい番組が中止になるとぶーぶー言っていたのだけど
実際のプロ野球を見られることに心からワクワクして、このころ活躍していた
プロ野球選手や野球のルールまでも野球中継にかじりついて覚えました。


しかしその日は大雨暴風。(そのころから雨男だったようです)
東京ドーム(室内)でのゲームにもかかわらず異例の雨天により
中止になっちゃったんだなぁ。

それがわかった瞬間に大泣きして
あんなに楽しみにしていたプロ野球観戦が見られないことを
父に当り散らしてしまいました。

今思い返すと、
あの時一番残念に思っていたのは父だったろうなぁ。
息子が心から楽しみにしていた試合を見せてあげられなかったのは
悔しかったろうなぁ。


それでたしか、試合が中止になった翌月にちゃんと父はプロ野球の試合に連れてってくれて
たしか、応援していたジャイアンツは負けました。

でもなにより父が連れて行ってくれた東京ドームは夢のようだったし
何もかもがでっかくて、まるで違う世界にいるみたいだった。

あのころの思いや風景が蘇ってくるようで
今回本当に行ってよかったと思った。

なにがいいたいかって

今でも思い出せるような僕にとって大事な思い出を
改めてありがとう、お父さんってことだ。
[PR]
# by junpace | 2012-09-26 22:13 | 日常

先ほど弟の良太が
アメリカ シアトルへ飛びたちました。
半年間の留学です。

家族と彼の恋人と成田まで送りに行きました。

彼がアメリカに行きたいと言い出したのは反抗期真っ只中の高校生時代。
心を許せる友達もいなく、家族とはぎくしゃくし、毎日イライラしながら過ごしているときだったと思う。



アメリカの映画、ハイスクールミュージカルにはまりこんで

俺はアメリカに行ってそのオープンで明るい文化に触れれば、きっと自分は変われる。
と信じていました。

そんなことを言う反抗期の弟に僕は呆れながら、そんなことが同じ言葉を話す人にもできないくせに、できるわけないだろう。
と、いったと思う。

そこからとにかく毎日英語の勉強していたと思う。
英語の歌をうたって、なにかにイライラすればギターをジャカジャカ弾いていた。


高校3年生。
彼は国際交流に強い大学に合格した。
アメリカに行きたい。とにかくアメリカに行けばなにかが変わる。なにかもわからないけど、アメリカに行きたいと面談でも言ったみたいだ。


彼は大学に入ってからしばらくは、昼ごはんも一人で食べていた。
心を許せる友達もあまりいなかっただろう。でも英語の勉強は欠かしていなかった。


大学2年で彼は成績優秀で留学するための奨学金をもらった。
彼の努力はここで初めて結果として現れた。

そして、スピーチコンテスト。
帰国子女や英語の成績優秀者、留学帰りの学生のなかかなりの高評価をもらった。

ぼそぼそと呟くように勉強していた彼の英語はますます輝きを増し、最悪が口ぐせだった彼の思考は前向きになり、そして気づいたらたくさんの心を許せる外国人と日本人の友達が回りにいて、外国人の恋人もできた。


アメリカに行けば変わると思っていた彼は、アメリカに行くまでに変わっていた。
アメリカにゆくツールのひとつだった英語が大好きになっていた。


彼はアメリカという存在から異国へ行っても心を開けるブレない心をもらった。

大事な仲間や恋人をおいて、その心を持ってアメリカへ行った。

さぁ、何を持ち帰ってくれるだろう。


心から尊敬できる弟へ

兄は良太をアメリカにいきたいと行ったときから見くびっていました。
毎日欠かさず勉強する良太をしり目にどうせ行くのを止めるとか言い出すだろうと思っていました。

でもひとつひとつ努力が身を結んで行くにつれて、その嘲笑の目は尊敬の目に変わって行きました。

変われるわけがないという思いはどうかアメリカにいってきてほしいという思いに変わりました。

そして今は、ただ気をつけて、胸を張っていってほしいという思い以外ありません。


日本で大事な家族や仲間や恋人に与えてもらったこと、
アメリカで与えてきてください。
それさえできれば多分どこへいっても大丈夫。


仲間のなかでも良太を心配する人や、甘いという人はいるけれど、俺は信じているよ。

どんなことあってもね。


いってらっしゃい!
b0258274_144854100.jpg

[PR]
# by junpace | 2012-09-08 13:56 | ありがとう

8月→9月

9月が始まりました。

みなさんはどうお過ごしでしょうか?

まだまだ熱いので、熱に浮かされつつも
汗かきながら楽しんでやってます。

そうでもさっき豪雨の後に遠く田んぼのほうで鈴虫が鳴いていて
少しだけ秋を感じました^^


8月の1ヶ月。

本当にあっという間でした。

水谷東の夏祭りに始まり

富士見市にあるデイサービスにもお邪魔し

DUCで音楽喫茶パール、風のえきで演奏し

高校生のイベントにゲストで参加させていただいて

DUCの本公演があり

最後はsuntaで弟と共演。

うーん!
今月は広い年齢層の方に唄を聴いてもらえましたよ。
幸せです。


去年の夏は長野で仕事をしていて

CDも無ければ、自分の唄だってろくに無かったんだもんなぁ。


この一年でCDや唄でたくさんの人に出会い
繋がりが出来たんだなぁ。うれしい!

まさか来年の自分がこんなに歌わせてもらう機会を
与えてもらえていることを想像できていたかなぁ。

いやできていないね。笑


それでいいと思う。


1年後の自分がこうありたくて
それに向けて具体的にこれをこうして。
そして5年後はこうなっていて。。。

そういうやり方もあるけれども

僕は
今よりももっと
自分の人生で出会う人
すでにいる大切な人たちを大事にすれば

その大事な人たちと宇宙がまた素敵な一年後に導いてくれる。

そう思う。
もちろん努力は惜しまないよ。


自分で道を切り開いたと誇れることは立派。
でも、この道を見せてくれているのは
いつも自分の周りにいる大事な人だからね。

あぁ!楽しみ!

写真は一年前の僕と同期!笑

b0258274_223855100.jpg

[PR]
# by junpace | 2012-09-04 22:39 | 日常

夏らしいこと ~仲間~

8がつに入って
暑さはもちろん続き、
ちょっと動いただけで汗は吹き出て
ただめまぐるしく、時間だけが過ぎてゆく
2012年夏

ではなく、相変わらず今夏も
楽しくやってます。(汗は止まりませんよ)

ただどうしても暑さでだらっとしてしまうから
夏らしいこと積極的にしています。

少し暗いところへ星を見に行ったり
b0258274_22382430.jpg


お祭りに参加させていただいたり(真ん中の人がじゅんぺいです)
b0258274_22301261.jpg


今日なんてラフティングなんかに挑戦してみました。
これは一緒にやった仲間たち。
b0258274_222957100.jpg


このラフティング。

中学時代の仲間たちと男4人で軽自動車に乗り込んで
行ったのだけれども、

中学時代の夏らしいことって考えたら
まぁ、部活だったなぁ。

毎日練習して暑さで倒れそうになったり
青いホースで頭に水をかけながらグラウンドを走ったなぁ

なんてこの仲間たちと会うと、あのときを思い出します。
あ、ここにいる全員が野球部ではないのだけどね。



懸命にやってたあのころと同じように

今も懸命に何かをやっている仲間たちと今も繋がっていて
こうやって久しぶりに会えば思いっきり笑って遊べる彼らと
繋がれていて本当に幸せだなと思いました。


明日からまたがんばろうっと!
[PR]
# by junpace | 2012-08-14 23:01


シンガーソングライター千葉純平のブログ


by 千葉純平

プロフィールを見る

フォロー中のブログ

mominonikki
zakka danish

その他のジャンル

外部リンク